リアルアイセミナー



<開催スケジュール>
2012年5月19日(土)13:30〜18:30(東京)(満員御礼!)
2012年7月7日(土)13:30〜18:30(東京)        


こんにちは、西澤 ロイです。
今日お伝えしたいのは「英語」とはちょっと違うお話です。
ですが私ロイは、英語と同時に、このことを15年間以上ずっと考えてきました。

それが何かと言いますと、「成長」のお話です。

もしかすると「あれ、ロイさんって英語の人じゃなかったの?」と思われるかもしれません。
ですが、単に単語や文法、言語学などを知っているだけでは英語は教えらません。
人間心理や心の成長、脳の働き、哲学、社会学など、さまざまな分野の勉強が欠かせません。

また、私ロイは個人的にもともと「成長したい」という思いを強く持っていました。
座右の銘が「日々是(これ)成長」だったといえば、その思いが伝わるでしょうか。
日本でまだ出版されていないビジネス書、自己啓発書を原書で読んだりもしていますし。

私ロイはたくさんの時間をかけ、膨大な自己投資をしてきました。
そうして、ようやく手に入れることができた「真実」があります。

あなたに、もっと自分らしく豊かな人生を楽しんでほしい。
今回のお話は、そんな気持ちを込めた私ロイからのプレゼントです。



英語の悩みは、実は英語が原因ではない?


例えば、私ロイは時々こういったご相談をいただきます。


「アメリカに住んで2年になりますが、全くといっていいほど上達しません。
 英語が出てこないので、いつも一方的に話を聞くだけになってしまいます。
 あまりに情けないこの状況をそろそろ打開したいと思っているのですが
 英語の勉強は一体何をしたらいいでしょうか?」



こういう場合、もちろん、英語が話せるための勉強や練習も必要です。
ですが、それ以前にもっと大事なことがあるのです。

まず一番最初に、自分のことを「情けない」と思うのをやめるべきなのです。

自分のことを「情けない」などと否定してしまうと、「自信が持てない悪循環」に入ってしまいます。
そうすると、やる気が湧かないので英語の勉強も進みません。
また、会話ではビクビクしてしまったり、なかなか口も開けなくなってしまうのです。

同様に、本当は英語以外のことが原因なのに、本人は英語が悩みだと思っているケースは山のようにあります。
例えば以下は非常に典型的な例です。

・英語が話せるようになりたいが、実際の会話ではなかなか発言できず、あとで凹(へこ)む。
・英語をやらないといけないのは分かっているが、忙しさを言い訳に、ついおろそかにしてしまう。
・いろいろと教材を買ったが結局、自分にあったものが見つからない。
・たくさんリスニングをしたり、ラジオの英語プログラムなどで練習しているが、どうも上達しない。
・今年こそは!と思って勉強を始めるものの、三日坊主になってしまう。


これらは英語が原因ではありません。
ほとんどのケースの根本原因は”成長のための心構え”に関するものなのです。

ですから、メールサポートで学習相談に乗ると、そこから人生相談に発展することも珍しくありません。

また、例えば以下のように、悩みという形で本人が認識していないものもあります。

・目からウロコの「秘密」を探して本や教材に次々と手を出してしまう。
・海外に行って暮らせば英語が話せるようになると思っている。
・教材が期待はずれだった場合でも、返品を要求できずに泣き寝入りしてしまう。
・英語ができるようになったら、きっと自分に自信が持てると思っている。


ですがこれらのケースも全く同じことで、「成長を妨げてしまう考え方」を気づかないうちにしてしまっているのです。
ですので、”成長のための心構え”をきちんと持つことが、英語学習を成功させる上でも極めて重要なのです。



英語でコミュニケーションが取れても自信は持てません


私ロイが学んだ”成長のための心構え”の中で一番大事なこと、それは

「自分の価値をきちんと認識し、それに自信を持っている人が活躍できる」

ということです。

私ロイはずっと、自分の価値が分からず、自分にあまり自信が持てずにいました。
自分の経験の範囲内であれば少し自信がもてても、それ以外の分野になると一気に自信がなくなりました。
優柔不断な自分が顔を出し、そんな自分がイヤになってしまう、そんなこともありました。

しかし今では、自然体で、自分らしく生きられるようになりました。
メルマガにも書いたことがありますが、「自分のことが大好き」になれました。

でも以前の私ロイは、ずっと以下のように思っていたのです。

「英語ができるようになったら・・・きっと自分に自信が持てる」

ですが、それは「勘違い」だということが今ははっきりと分かります。
結局、さらに高いハードルが次々に現われますので、いつまで経っても根本的な自信は持てないのです。


例として、私ロイの実体験をお伝えしますね。


まず、高校2年生ぐらいのときですが、私ロイは自分に全く自信が持てず、何をやりたいのかも良く分かりませんでした。
でもそこで、好きな「英語」をやると決め、大学で英語を専攻することに決めたのです。

それから私ロイは毎日3〜4時間はゆうに英語を勉強し、高3の夏ころには「難しい英文も読めるようになり」ました。
しかし、ラジオ英会話などは毎日聞いていたのですが、「会話が全くダメなことが発覚」しました。

次に、大学2年の時に言語学と出会い、勉強と練習の結果、「英語がそこそこ話せるようになった」と思いました。
しかし、夏休みに短期留学してみると、「コミュニケーション能力が低いことが発覚」したのです。

その後も努力を続け、ゼミ(ゼミナール)はネイティブ教授のところに入り、英語で言語学の議論をするなど、
どうにかして「留学できるくらいの英語コミュニケーション能力を身につける」ことができました。
ですが、英語は使えても「仕事で武器となる『技術』をもっていないことが発覚」したのです。
「あっ!英語はコミュニケーションのツールに過ぎなかった・・・」と気づいたのはこのときでした。

そこで私ロイは、1年間留学してコンピュータの勉強をすることにしたのですが、アメリカに行ってみると、
「自分のリスニング力は相手が訛っているとお手上げだと発覚」したのです。
因みに、留学先はジョージア州で、南部なので訛りがひどかったのです。

それから半年後くらいには「訛った英語にも対応できるようになった」わけですが・・・(延々と続く)

・・・こうして延々と15年もの間、私ロイは様々な勉強をしてきました。
ですが、英語をいくら突き詰めてみても、自信を持つことにはつながりませんでした。

手を変え、品を変え、次々とハードルが出現するのです。
振り返って見ると、これは私ロイの「自分探し」だったようです。

結局、「スキル」や「経験」をいくら増やしても、自信を持って自然体で生きられるようにはなれません。
ものすごい「スキル」を身につけていても、そこから来る「自信」はすぐに揺らぎます。
たくさんの「経験」「実績」を積んでいても、それに頼ってしまうと逆に「成長が止まって」しまったり、
「失う恐怖」に襲われてしまいかねないのです。

つまり、「スキル」や「経験」によって自分の価値を高めようとすることは、根本的にどこかが間違っているのです。



あなたには、既に「ものすごい価値」があります。


あなたがまず最初にすべきこと。
それは「自分の価値を高めよう」としたり、「自分を磨く」ことではありません。

既にあなたが持っている「素晴らしい価値」を、きちんと認識するところから始めるべきなのです。

私ロイは1,000人をゆうに越える方々の英語学習をサポートしてきました。
直接お話しすることもあれば、メールでのやり取りもありますが、その経験を通じて確信したことがあります。


ほとんどの方が自分の『本当の価値』に気づいていない。

さらに、自分のポテンシャルを過小評価してしまっている。


この2点を私ロイは確信しています。
実際、ことばの端々(はしばし)にそういった認識が現われるんですよ。

特に顕著なのは、人からホメられた時に出る「いえいえそんな、大したことないですよ。」という発言です。

日本では謙遜が美徳とされています。
ですが多くの方が、「謙遜」ではなく、間違って「自己卑下」をしてしまっているのです!

「謙遜」というのは、自分できちんと価値を分かった上で、控え目に言うことです。
ですが、「大したことがない」と本気で思ってしまっている人が多いんです。
それは「謙遜」ではなく、「自己卑下」なんですよ。

あなたは間違って自己卑下をしてしまってはいませんか?
きちんと「自分の素晴らしい価値」を認識できていると思いますか?



できることを、諦めていませんか?


最近私ロイは、会う人会う人から、「ロイさんに会うと、なんか元気がもらえる」と、嬉しいことを言われるようになりました。

また先日、高校時代の友人に久しぶりに会いました。
その友達は子育てにちょっと疲れてしまっているのか、少し元気がなかったのですが、あとからこんなメールをもらいました。

「ロイ君の、偶然やひらめき、自分の周りのすべてをも、
 自分のpowerにしたいって姿に、昔の自分を思い出して
 私もワクワクしました。」

こんな風に言ってもらえるのは、きちんと理由があります。
私ロイが自分の価値をきちんと認識して、自分らしく生きられているからなのです。

自分の価値を、もしきちんと認識できていないと、余計なブレーキをかけてしまいます。
「自分にはできない」「これはムリ」などと考えてしまいますので、本来ならできることまでも諦めてしまうことになるのです。

あなたは、ブレーキをかけずに、自分らしく生きられていますか?
「もういい大人なんだから・・・」などと理由をつけて、自分の欲求をムリに抑えてはいませんか?
「みんな我慢しているから、わがままはいけない」と、やりたいことを我慢してはいませんか?
「出る杭は打たれるから」といって、飛び出ることを諦めてはいませんか?



村野 静子さん(仮名)のケース


村野さんは、私ロイの英会話のEブック「最短距離で話せるようになる英会話訓練法」を購入し、
3ヶ月間のメールサポートをたくさん活用されました。

いただいたメールは合計35通。
3日に1度はメールを下さった計算になります。

メールサポートの最終日、村野さんがとても嬉しいご報告をしてくれました。


英語を学ぶことは、「本当に必要なことは何かを考えること」、
大きく言えば「人生を学ぶこと」でしょうか。

これがこの3か月で得た私の気付きです。

「最短距離〜」の読後、私はそれまで使っていた英会話スクールの、わかった様な気になるだけのテキストを止め、
基本の動詞、前置詞を学ぶレッスンをはじめました。

(中略)

英語を学ぶのに、一番大事なこと・・・語彙力をつけること。
確かにそう思っていました。
苦手だったという過去に縛られて!

だから英会話スクールのテキストが大事と思って
自分にはあっていないと気付きながら使い続けていたのです。

今は笑ってしまいますが・・・・


英語に限らず何かを学ぶには人間力を高めることが大事なんです。私の気付きです。

あれから3か月、今日ネイティブの先生から、最近すごくUPしているといわれました。

課題は一杯ありますが、ロイさんからアドバイスして頂いたように、
自分をほめたり、いたわることを忘れずに、英語と英語から得られるものを楽しもうと思います。

ありがとうございました。

村野さんは百貨店にお勤めなのですが、誰も英語が話せない職場で、
一念発起して英会話スクールに通われたそうです。


最初は、同僚からは、まあまあ暖かい目で見られていました。
「すごいねえ、えらいわ。」「頑張って。」と。

しどろもどろになりながらも外人客と話せると、最初は「いつも称賛!!の嵐」でした。

しかし、大半のすぐあきらめる予想に反してやめない私に対する視線が日に日にきつくなるのが世の定説です。

でも、英語は私に自信をくれていました。
知らないうちに。

勉強してなにが悪いの?
人の失敗(やめるという意味)を待つより自分も何かやれば?


といった強い言葉が心に浮かんできたのです。

でも全く悩まなかったというと嘘になります。
チームワークの必要な職場ですから仲間はずれになると仕事ができませんし。

でもそこで、村野さんは英語をやめませんでした。
その結果、「自分に自信が持てる、強い自分」を手に入れることができたのです。

以前と今とでは、村野さんはまさに「別人」です。
それが
「英語に限らず何かを学ぶには人間力を高めることが大事なんです。私の気付きです。」
という言葉に集約されています。



師匠たちから学んだ「ありのまま成長」の教え


サポート期間中に村野さんにお伝えしたのは、私ロイが”師匠たち”から学んだことのうちのいくつかです。

私ロイは、ありがたいことに、素晴らしい”師匠たち”に出会うことができました。
「成長に関する根本的な考え違い」を指摘してもらえ、気づかせてもらえ、たくさんのことを教えてもらいました。

そのお陰で、自分らしく堂々と生きられる今の私ロイがいるのです。

その「教え」の一部をご紹介しますと・・・


「成長する」とは一体どういうことなのか?
スキルを身につけたり、経験を積んだり、知識を得ることは、実はほんの小さな成長でしかありません。
いったい何が成長なのかを知ることが、さらに大きく成長する上での重要なステップです。
「ポジティブ思考」の落とし穴とは!?
「ネガティブ思考」から抜け出そうとして「ポジティブ思考」を実践すると、たいてい落とし穴にはまってしまい、
全然ラクにはなりません。それは、とある宇宙のルールを見落としてしまっているからです。
そこからキッチリと抜け出すための思考方法とは?
あなたをツラくしてしまう「オンリーワンの誤解」とは?
あなたも私ロイも、誰もが「オンリーワン」の存在ですが、その意味を誤解しないよう注意が必要です。
自分に自信が持てない方は、この誤解をしているケースがほとんどです。
ホメたくてもホメられない。そんな時に欠かせない、
幸せな成功者が毎日密かに実行している秘訣とは?
小学生であっても今日から始められる簡単なことなのですが、この重要性は全く知られていません。
これができるとやる気が出ますし、次第に人をホメられるようにもなるのです。
これを積み重ねると、ものすごい力になりますし、褒め上手の人気者にもなれてしまいます。
「良いコトバを使え」「全てに『ありがとう』と言え」というアドバイスは逆に苦しくなる?
良いコトバを使うことは、もちろん素晴らしい心掛けなのですが、自分のココロを無視してしまうと
当然苦しくなってしまいます。
イヤな出来事が起こったときの正しい(自分の本心を無視しない)対処法とは?
幸せの国ブータンに学ぶ、経済面と精神面の両方とも豊かで幸せに生きる秘訣とは?
私ロイが去年訪れたブータンは世界の最貧国の1つですが、国民の90%が幸せだと答えます。
なのに経済的にずっと恵まれているはずの日本人が幸福感が薄いのはなぜ?
「何もないことが幸せ」だとか「足るを知れ」などという精神論ではない、根本的な理由とは?
「自分探し」から抜け出すのが難しい理由とは?
私ロイは15年間「自分探し」をしていましたし、友人で20年間していた人もいます。
自分探しから脱出するために1日でも早く始めるべき「他人と比べずに●●の●●と比べる生き方」とは?
(時々「他人と比べるな」とだけ言う人がいますが、人間はつい比較してしまう動物ですので無理です)
ライバルの出現に対して怯える人と、ライバルに塩を送れる人の決定的な違いとは?
怯えてしまう人は、自分の価値に関して大きな勘違いをしています。
心の奥底にある、満たされていない2つの重大な欲求とは?
頑張りたいのに頑張れない。エネルギーが出る仕組みとは?
いま一つ「やる気」が出ないのにも明確な理由があります。
やる気を出せない自分を責めてしまうのではなく、その原因を探ることが大事なのです。
その原因を取り除けると、周りから何を言われても揺るがない、本物のエネルギーが湧いてきます。
自分のことが大好きな人たちがみなガッチリと持っている「ある共通点」とは?
私ロイは、この概念自体がスッポリと抜け落ちてしまっていました。
この考え方を知らなかったから自分好きに今ひとつなれなかったんだと今では納得です。
絶対にバランスを取らないといけない、2つの相反する宇宙のルールとは?
この2つのルールのうち、片方しかできていない人が世の中の大部分なのです。
(ビジネスとプライベートのバランスとか、そういうことではありません。)
このバランスをきちんと取ることこそが、心豊かに成長するためには絶対不可欠なのです。

私ロイがメールで村野さんにお伝えできたのは、こういった教えのさらに一部だけでしたが、
お聞きいただいた通りの結果が出ました。
これらの教えを実践できると、まさに「人生が変わります」。

英語学習がうまく行くだけではありません。
仕事などでもきちんと結果が出せ、充実した毎日が過ごせるようになります。
人のすることに対して腹が立たなくなりますし、人間関係も大幅に良くなります。

毎日を心豊かに、楽しくワクワクと過ごせるようになります。
諦めかけていた、本当はやりたかったことに挑戦できるようになります。

そのための成長ノウハウを、体系的にまとめた形で、5時間という時間をかけ、分かりやすい解説とワークなどを通じて、
みっちりとあなたにお伝えするのが「リアルアイ」セミナーなのです。

「リアルアイ」は私ロイのメンターが開発したセミナーです。
そこに私ロイの知識と経験をもとに味付けをして、一生モノの価値があるコンテンツに仕上がったと自負しています。
他では絶対に聞くことのできない内容も含まれます。



あなたの「ありのまま成長」を加速させるセミナー


セミナー名 リアルアイ初級コース(東京第14回)(満員御礼!)
開催日程 2012年5月19日(土曜日)に東京にて開催
13:30〜18:30(13:15開場)
場所は未定。
開催場所 お申込み後に詳細をご連絡させていただきます。
講師 西澤 ロイ
内容 リアルアイとは?(自己啓発や心理学との違い)
成長って何?
あなたの成長を支える「基本となる生き方」
「ポジティブ思考」に代わる考え方
成長の3つのステージ
成長の15のステップ
成長すると得られるもの
エネルギーに蓋をするブレーキの存在
成長の3つの壁
ステップアップのポイント
(※一部変更になる場合があります。)
定員 8名
(※定員になり次第、申込を締め切らせていただきます)
参加費 21,000円(税込み)
備考 ノートや筆記用具はご持参ください。

セミナー名 リアルアイ初級コース(東京第15回)
開催日程 2012年7月7日(土曜日)に東京にて開催
13:30〜18:30(13:15開場)
場所は未定。
開催場所 お申込み後に詳細をご連絡させていただきます。
講師 西澤 ロイ
内容 リアルアイとは?(自己啓発や心理学との違い)
成長って何?
あなたの成長を支える「基本となる生き方」
「ポジティブ思考」に代わる考え方
成長の3つのステージ
成長の15のステップ
成長すると得られるもの
エネルギーに蓋をするブレーキの存在
成長の3つの壁
ステップアップのポイント
(※一部変更になる場合があります。)
定員 8名
(※定員になり次第、申込を締め切らせていただきます)
参加費 21,000円(税込み)
備考 ノートや筆記用具はご持参ください。

<過去の開催実績>
2009年10月18日(日)@東京
2009年11月21日(土)@東京
2009年12月26日(土)@東京
2010年2月14日(日)@東京
2010年3月7日(日)@島根
2010年3月21日(日)@東京
2010年7月4日(日)@東京
2010年7月31日(土)@大阪
2010年10月24日(日)@東京
2011年2月26日(土)@東京
2011年5月14日(土)@東京
2011年7月2日(土)@東京
2011年9月10日(土)@東京
2011年12月3日(土)@東京
2012年3月3日(土)@東京

セミナー参加申込

西澤 ロイのプロフィール


コトバの宇宙探検家 西澤 ロイ
1977年生まれ。北海道出身、千葉県在住。

TOEIC990点(満点)、TOEFL(PBT)613点、英検4級を保持し、"英語力 コンサルタント"として
日本人だからこそ上達できる英語ノウハウを伝えている。
メールマガジン「アルコムニュース」(発行部数:約80,000部)に「面白ニュースで楽しい英語」の
連載を持つ。

英語の悩みの原因が、実は英語以外にある場合が多いことから、人間成長の重要性を痛感。
脳科学、心理学、成長哲学、成功哲学、西洋占星術なども学び、成長哲学「リアルアイ」の、
世界に10人しかいないトレーナーの1人として、カウンセリングやセミナー開催を通じて、
日本人の成長を支援している。

よくあるご質問

リアルアイを受けると成長できるのですか?

A.はい、できます。
セミナー中にお伝えする、誰でも実践できる考え方や心構えを実践していただければグングン成長していただけます。
また、早い人では、セミナー中にも成長段階が上がり、エネルギーが湧いてくる方もいらっしゃいます。


「ありのまま成長」って何ですか?

A.「自分らしくありのまま生きて成長していく」こと、
そして「天地人みんなから愛される生き方をする」ことを意味する、
私ロイの造語です。


体育会系のセミナーですか?

A.違いますのでご安心下さい。
無理矢理にやる気を出させようとするような無茶なことは致しません。
やる気にも2種類ありまして、体育会系で引き出すのは間違った(持続しない)やる気の方なのです。


壷を買わされたりはしませんよね?

A.はい、宗教や洗脳などとは無縁ですのでご安心下さい。

リアルアイはひとことで言うなら「成長哲学」だとお考え下さい。
(哲学というと難しそうにお感じになるかもしれませんが、かみ砕いてお伝えしますのでご安心下さい。)

また、お伝えする考え方や心構えを実践するかどうかは、もちろんあなたの自由です。
(実践したら成長できることがきっと実感・納得していただけます。)


リアルアイというのはロイさんのオリジナルコンテンツですか?

A.リアルアイのコンテンツは、アイピース株式会社の一京大喜氏が開発したものであり、
私ロイはライセンス契約を結んで本セミナーを開催しています。

リアルアイ自体が新しいため、まだ受けた人がごく少ない、オリジナリティの高いコンテンツであり、
例えば自己啓発をかなり勉強している方でもたくさんの新しい学びがあるはずです。

そこに、私ロイの知識や経験を元にしたオリジナルの味付け(解説や補足、ワークなど)が加わっていますので、
もし仮に、他の方のリアルアイセミナーを受けたことがおありだとしても、また違った学びが得られる内容です。


初級ということは、続きもあるのですか?

A.ありますが、初級だけで独立したコンテンツになっています。
初級を受けたら中級を受けなければいけない、などということは一切ございませんのでご安心下さい。

続きとしては中級コース、上級コースがあります。
(現在、私ロイは中級までの開催資格を持っています。)

中級ではさらに深い内容をお伝えしますが、初級だけでも大事な話が盛りだくさんですから、
まずは初級を受けてみていただければと思います。
(なお、2日連続で初級・中級と受けていただくことも可能です。)


私は英語を勉強していないのですが受けられますか?

A.全く問題ありません。
英語は単なる例として取り上げているだけですので。



もし、他に疑問点などがございましたら、遠慮なくお問合せ下さい。


最後に、ロイからのメッセージ


私ロイは、自分が15年間も「自分探し」をしていたという事実に気づいたとき、大きな衝撃を受けました。
自分のやっていたことが「自分探し」だったとは全く思ってもみなかったからです。

「自分探し」の根本は何かというと「自分の価値を見つける」ことです。
つまり、自分の価値に気づいていない人たちはみな、何かしらの形で「自分探し」をしてしまっているのです。

私ロイは自分の価値を見出すことができ、ついに自分の「使命」が見つけることができました。

どんな使命かと言いますと、
「日本人のみんなに『自分の価値』をきちんと発揮して活躍してもらう」
ことです。

この頃はあまり元気のない人も多いですが、みんなが自分の価値に気がついたらものすごいことになります。
日本が変わり、世界が変わります。


あなたには、ものすごい価値があることを、私ロイは知っています。
あなたの中で、控え目に光っている宝石を、もっとキラキラと輝かせませんか?

長いお手紙になりましたが、最後まで読んでくださり、どうもありがとうございます。
あなたの大事な人生を、望む方向に変えられる人は、あなただけです。
私ロイは、あなたがもっと楽しく幸せで心豊かに生きられることを、心より願い、そして応援しています。
あなたが大きく成長されるお手伝いができること、それが私ロイの幸せです。


P.S.
「TOEIC満点」といったプロフィールを見て「ロイさんだからできた」などと言う人が時々います。
ですが、私ロイは別に「特別な人間」ではありません。
もし私ロイが特別なのであれば、みんな1人1人が特別であり、あなたも「特別な人間」だということです。
その特別な価値をぜひもっともっと発揮してくださいね。


セミナー参加申込


参加者のご感想

5時間のセミナーということで、集中力が続くかどうか不安に思っていました。
でも、アッという間で「エ、もう終わっちゃうの?」という気持ちでいます。
まさに「リアライズ」というセミナー名にふさわしい内容だったと思います。
沢山の気づきがあり、今はその内容に圧倒されてよく消化できていません。
帰ってからテキストを何回も読み直し、CDも聴かせて頂いて自分の中に落とし込んでいきたいと思います。
(大福さま、島根県)

とても勉強になりました。 私のわかったつもりだけでは、ロイさんの説明されている深さにまで、まだ到達しきれていないかも知れません。 もう一度、家でよく考え、自分を見つめなおしてみたいと思います。
いろいろな質問にきっちりと答えてくださいまして本当に(メールでのやり取りで)思っていたとおりのお人柄だと思いました。
ありがとうございました。
(Allyさま、東京都)

ロイさんの主催されるセミナーの告知を海の向こうから見る度に、とても気になっておりまして、参加出来ないのが悔しかったりします。 でも今回は「絶対に行こう!」と思って、来てしまいました。
とても一回では消化することができないほど、深い内容だなと思います。
1日経つごとに、じわりじわりと自分の中に浸透していくのだと確信しています。
また次回を楽しみにしております。
これからも、もっともっとロイさんワールドを炸裂させて下さい!
本日は本当に素敵なセミナーをありがとうございます。
(yukikoさま、アメリカ在住)

「○○○○○○」という価値感がでてきたとき、目からウロコでした。
この価値感があれば、自分を責めることが減りそうです。
非常に学ぶことの多いセミナーでした。
(渡邊 翔一さま、愛知県)

詳細な基準ものさしがあるので、意味づけ、何にフォーカスするのかが明確になり、実践行動しやすくなりました。
自分なりに思っていた成長・幸せ・仕事の目的が間違いではないという確信を得られました。
(菅原 洋一さま、東京都)

すごかったです!!!
半日じゃ全然足りないくらい盛り沢山であっという間でした!


エネルギーとは?本当の成長とは?
自分は今成長過程のどこにいるのか?
次のステップには何が必要か?
どんな物差しで物事を見ていけば良いのか?、、、etc
がすっごく腑に落ちました!!
(相沢 知宏さま、茨城県)

期待通りでした。
自分の今の状態がよく分かって、なるほどと思いました。
己を知ることが成長の第一段階だと思いますが、なかなか知る機会がなかったので、本当に良い機会になりました。
ワークもゲームを交えながら、和気あいあいとできて、あっという間の5時間でした。
講師のロイさんのお人柄でリラックスして受けることができました。
ありがとうございました。
(垣内 トヨ子さま、千葉県)

脳の話が一番よかった!
思ったことは全て「質問」で、自分に影響を与えていることがわかったので、自分への質問を変えてみます。
(みゆうさま、東京都)

大変、私の人生に参考になりました。
今までの私の考え方を左右していた考え方が●●ものさしで、プラスとマイナスがある考え方をしていたことに気づき、
●●ものさしを代わりに使うと全てプラスの発想になることがわかって楽になりました。
エネルギーの出方もよく理解できました。
(一村 一美さま、三重県)
セミナー参加申込


特定商取引法に基づく表示  プライバシーポリシー  <お問合せ(メール)>